/創立60周年記念事業~日光東照宮へ錦鯉奉納~

創立60周年記念事業~日光東照宮へ錦鯉奉納~

江戸幕府直轄領『小千谷』発祥の錦鯉
平和の象徴として世界遺産・日光東照宮へ奉納

今や『泳ぐ宝石』と称される錦鯉。そこには雪深い四季折々の小千谷の地で食用として飼育されていた「真鯉」の突然変異から、『泳ぐ宝石』まで高めた先人の弛まぬ努力がありました。
令和という新たな時代の幕開けに創立60周年の節目を迎えた(一社)小千谷青年会議所は、先人の努力に改めて敬意を表し、日本全土の平和の守り神である徳川家康公を祀る日光東照宮へ、地域の振興、日本の安寧を願い、「平和の象徴」とされる錦鯉を小千谷市錦鯉漁業協同組合石動神社からご協力いただき、奉納いたしました。
駐車場の池に優雅に泳ぐ小千谷の錦鯉をどうぞご覧ください。

日光東照宮ホームページ掲載記事

石動神社ホームページ掲載記事

令和元年10月8日(環境整備)
・美術館の池の泥上げ・清掃
・駐車場の池で泳ぐ錦鯉を美術館の池へ移動
・駐車場の池の泥上げ・清掃
・駐車場の池に照明設置
令和元年11月4日(錦鯉奉納奉告祭・放流式・直会)
・祈祷殿に於いて奉納奉告祭(目録を御神前に供える)
・駐車場の池に於いて放流式(受納書を受ける)
・社務所に於いて直会(感謝状・東照公御遺訓御柱掛を受ける)
※『感謝状』『東照公御遺訓御柱掛』は錦鯉の里で、『受納書』は錦鯉センターで展示してます。
PR活動
・懸垂幕(市役所・サンプラザ)
・横断幕(総合体育館・小千谷闘牛場)
・創立60周年記念式典
・キョーリン様から錦鯉飼料
・日光東照宮に看板・パネル展示
・ラジオ出演
掲載記事
・小千谷新聞
・新潟日報
・錦鯉雑誌『月刊錦鯉』『鱗光』
錦鯉放流の御神池