/【小千谷JCフードバンクプロジェクト】

【小千谷JCフードバンクプロジェクト】

【小千谷JCフードバンクプロジェクト】

今年度、小千谷青年会議所は「こんな時代だからこそできるまちづくり」として「モノと希望が循環するまち」目指し、『小千谷JCフードバンクプロジェクト』を実施いたします。

フードバンクとは、個人や企業から食料品の寄付を募り、それを生活に困っている方へ無償で届ける活動を指します。この活動は貧困問題と食品の大量廃棄問題「フードロス」の緩和に繋がると今注目を集めている活動です。
新型コロナウイルスの影響によって生活苦が広がる中、少しでも希望を見出すことのできる”循環”を生み出す事が出来れば、現在のコロナ禍のような社会情勢の中でも、自然と手を差し伸べられる意識を育む事ができるのではないかと考え、実施いたします。

今回の食品寄付は市内企業様のみの収集とさせていただいております。9月に一般市民向けのフードドライブ(食料品を集める催し)を計画しておりましたが、市内の感染者が急増した事を受け、不特定多数の人を集めるフードドライブは中止といたしました。企業様への収集はできる限り少人数で接触人数・接触時間を減らし、感染症対策を徹底して実施いたします。

小千谷JCフードバンクプロジェクトの支援対象は今回、市内の小中学校・支援学校・保育園・こども園へ通う子どもさんがいる「子育て世帯」とさせていただきます。貧困問題で特に深刻といわれる「子どもの貧困」に対して、少しでも力になれるように対象を限定させていただきます。各小中学校・支援学校・保育園・こども園には支援希望者募集チラシを配布させていただいています。チラシ内の二次元バーコードよりお申し込み下さい。

今現在、企業様からの食品のご寄付を受け付けております。お申し込み後、我々小千谷JCが引き取りに伺わせていただきます。是非とも多くの企業様よりご協力をいただけますと幸いです。よろしくお願いいたします!

詳しくは下記添付のチラシをご確認ください。

フードバンク企業向けチラシ03改