/6月例会「同心協力~まず理解に徹し、理解される~」開催事業報告

6月例会「同心協力~まず理解に徹し、理解される~」開催事業報告

6月例会 
同心協力~まず理解に徹し、理解される~開催事業報告

私たち小千谷青年会議所は6月12日(土)にグリーンパークにて、6月例会 同心協力 ~まず理解に徹し、理解される~を開催しました。

「困難に直面したときに何が必要で何が大切なんでしょうか?」
困難に直面したとき立ち向かっていく度胸が必要です。その度胸とは、より良い経験を積むことで身についてきます。そのために重要なのは「決断力」と「行動力」であり、どちらが欠けても、より良い経験を積むことはできません。

当日は第1部として「7つの習慣」を会員拡大推進室メンバーが寸劇で伝え、第2部で「7つの習慣ボードゲーム」で個人のゴールとグループ全員のゴールを目指してもらいました。このボードゲームはゴールする条件がそれぞれ異なることが特徴で、相手が何を必要としているのか理解に徹することの大切さを学んでいただきました。

1人の力で行動に移せないとき仲間と協力し合える関係を築くことが必要で、そのためには、「まずは理解に徹し、理解される」考え方が大切になってきます。
同心協力の先にある、より良い経験を積んでいくための機会になれば幸いです。

ご参加いただいたオブザーバーの皆様、そして最後まで開催報告をご覧いただきありがとうございました。
集合写真時のみマスクを外した状態であることをお伝えさせていただきます。

2021年度 会員拡大推進室