/【令和2年災害支援金の募金箱設置のお願い】

【令和2年災害支援金の募金箱設置のお願い】

【令和2年災害支援金の募金箱設置のお願い】

2004年、中越大震災による甚大な被害を受けた小千谷市は、全国各地からいただいた支援のもと、復旧、復興を成し遂げました。被災を経験していらい、私たち小千谷市民は、昨今相次ぐ自然災害に見舞われた地域に対し、当時の支援に対する感謝の気持ちを忘れることなく様々な形で支援をしてきました。自然災害の発災時においては多方面からの支援が求められています。コロナ禍にあり、距離、時間という物理的制約のある中であってもできうる支援を実施していく必要があると考えます。

例年ですと当会の会員にて街頭での募金活動を実施しておりますが、コロナ禍にある現状を鑑み、本年は小千谷市内の事業所様に募金箱の設置をお願いさせていただいておるところでございます。募金活動を10月中旬まで実施いたしますが、もっと早く支援金を届けることが必要なのではないかという点がありますが、現地では支援終盤において支援活動の資金調達に苦慮することが多くあることから期間を設定しております。集まった募金は、小千谷市社会福祉協議会を通じて全国の被災地域を支援する拠点での活動資金に充てていただきます。

【活動概要】

募金箱設置期間 10月19日まで
募金箱回収時期 10月19日~10月20日 直接貴社にお伺いいたします
募金お届け日時 10月23日

募金箱に貼るシートは商工会議所JC事務局窓口にて配布します。
募金箱はお手数ですが各自ご用意をお願いいたします。

【問い合わせ先】
(一社)小千谷青年会議所
募金活動担当 山田 一郎
事務局窓口  関  千春
電話番号:0258-81-1300
MAIL:ichirou.shouten@gmail.com