/【2019年度 11月例会を開催いたしました】

【2019年度 11月例会を開催いたしました】

2019年11月8日(金)、小千谷商工福祉会館 3階大会議室にて11月例会事業~言葉ではなく気持ちを語れ、そして震えろ!~が開催されました。

小千谷青年会議所では、10名の会員の方々が40歳を迎えめでたく卒業されます。
この例会は青年会議所活動を共に過ごし、先に卒業される先輩方を温かく送り出したいと、毎年11月に卒業例会として開催されます。

今年も、卒業生と在籍生がともに励まし、勇気付けられるそんな小千谷青年会議所らしい事業でした。

記念撮影

例会セレモニー後 記念撮影をしました。
卒業生にとっては例会セレモニーも感慨深い。

11月例会事業
~言葉ではなく気持ちを語れ、そして震えろ!~

卒業生入場

↑すでに涙が・・・

開式の辞

原点の響きと共に委員会 米岡委員長から開式に伴い祝辞をいただきました。

理事長式辞

黒﨑理事長から卒業生へお祝いと今後の活躍の激励の言葉をいただきました。

在籍生送辞

在籍生代表 小池康太君から卒業生とのエピソード、お祝いの言葉、今後の青年会議所の活躍を誓う内容をお話いただきました。

卒業生答辞
卒業生より卒業スピーチをいただきました。

山崎 雄太君
「アカデミー生が理事会の空気に慣れることの大切さ」
についてお話をしていただきました。

 

横井 順一君
「理事を経験した事で得られた仲間意識と自己成長」
についてお話をしていただきました。

 

金澤 竜也君
「2年半のJC活動を振り返り、支えてくれたメンバーへの感謝」
についてお話をしていただきました。

 

細貝 智志君
「青年会議所を卒業しても繋がっていられる仲間づくりの大切さ」
をお話していただきました。

 

阿部 吉之助君
「誰一人欠ける事なく卒業してほしい」
とお話をしていただきました。

 

木村 勝年君
「役員任命にいま一歩足が出なかった時、仲間の後押しがありやり遂げることができました。JCには学びたいものはなんでもある。あなたの学びたいものは何ですか?私は仲間と感謝でした。 ありがとうございました!」
とお話をしていただきました。

 

小宮山 一博君
「長い青年会議所活動で一番思うこと、プレイヤーとして自分が楽しいと思う事業を皆さんがやってほしい」
とお話をしていただきました。

 

南雲 丈克君
「長い青年会議所活動の中でスリープした時期もあり、迷惑をかけましたが理事長を経験させていただきこうして卒業を迎える事が出来たのは、皆さんのおかげ」
と感謝をお話されました。

閉式の辞

革新めばえ委員会 大川委員長から閉式に伴い卒業生へ想いのバトンを受け継いだと話され、閉式しました。

卒業生退場

↑前が見えてない・・・

卒業生お一人おひとりから答辞としてJCの想いが詰まったスピーチをいただきました。
走り抜けた先輩諸兄の想いや価値観。
あとに残された私たちもJCの理念に則り、明るい豊な社会の実現を目指します!

当日残念ながらご出席叶わなかった、木村 裕介君、柳田 伸吾君
ご卒業された皆さま
卒業後もさらなるご活躍をお祈り申し上げます。

本当にお疲れ様でした。
そして、おめでとうございます!!