/2019年度京都会議

2019年度京都会議

伝統と革新のまち京都にて1月17日~20日の間、公益社団法人日本青年会議所2019年度京都会議が開催されました。

開催テーマ:持続不能
開催趣旨:「持続不能から持続可能へ」
危機感の共有とSDGsを軸とした各種政策を発信する

 

■第159回総会
2015年に開催された世界会議金沢大会の総会において、国連の掲げる持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けて積極的に取り組むことを表明する「金沢宣言」を採択され、SDGs推進の気運が高まり、運動が広がってきたなか、2030年のSDGs達成にむけ、今まで以上に日本本会と各地青年会議所が連携を強め、外部パートナーと共に地域をより良く変え、地球規模課題の解決を加速させていくための「SDGs推進宣言」が採択されました。

SDGs推進宣言
日本の青年会議所はSDGs達成に向けた運動を推進することを宣言する

■新年式典
「誰もが挑戦できる 幸せな国 日本の創造」を基本理念に掲げ、「共に心躍る未来へやりましょう!」のスローガンのもと、運動を展開される鎌田会頭の所信表明が3つの発想の転換を軸に高らかに表明されました。

〇「経済を良くすることで社会を良くする」という発想から
「社会をよくすることで経済を良くする」という発想の転換
〇JC三信条に加え、青年経済人の基盤ともいえる
ビジネスの機会の提供という発想の転換
〇少子高齢化対策ではなく、多子社会実現への議論の推進という発想の転換

■わんぱく相撲全国大会オリエンテーション参加
小千谷青年会議所としては2017年、2018年と子供たちの日々のひたむきな努力が実り、2年連続で全国大会に出場というメンバーにとっても大変貴重な経験をさせていただいております。
今年度はわんぱく相撲全国大会女子の部の開催が予定され、新たな取り組みが予想されるなか、担当メンバーにて説明会に参加いたしました。

■友好JC 北海道 深川青年会議所 交流会
1984年に友好JCとして締結し、2010年までホームステイ交互受入れなど交流事業を共同開催してきた(一社)深川青年会議所との交流会を開催いたしました。
互いの周年式典を迎える2019年度、2020年度に新たな風を吹かせるべく、小川理事長をはじめとする会員の皆様と今後の展望について語り合う有意義な時間となりました。

■伝統と革新 勉強会開催

経済発展を追い求めてきた現代社会において、文化と経済の両輪での成長を提唱し、「伝統や先人の知恵」と「今を生きる私たちの感性」を和えることで、伝統産業の技術を活かしながら先人の知恵をつなぐことを目指し、次世代の人々が誇れる日本の伝統を生み出すために誕生した株式会社aeru京都直営店aeru gojoにて勉強会を開催していただきました。
会社を「ひと」として捉え、社員みんなで「aeru」を育てていく考え方や、全てが「日本の伝統を次世代につなぐ」という理念のもとに展開される事業や今後の展望、そして産まれたときから親子で日本の伝統に慣れ親しむ機会を創出する贈り物としての商品展開など、丁寧にご説明いただき、参加したメンバーにとって学びある機会となりました。