/【事業報告】2月例会事業「響鳴~小千谷JCの気概~」を開催しました。

【事業報告】2月例会事業「響鳴~小千谷JCの気概~」を開催しました。

先月2月10日に開催いたしました事業について、遅くなりましたがご報告させて頂きます。

2月例会事業「響鳴~小千谷JCの気概~」を開催しました。
? ?当日は小千谷JCのOBである、 株式会社中澤建工代表取締役の中澤忍先輩を講師としてお招きし、現役時代に数々の要職に就かれ活躍された立場からご講演をいただきました。
 ① ②
 現役当時の活動の中から印象的であったお話は、旧市民体育館で当時の小千谷ではなかった設備としてダンクシュートが出来るバスケットリングを体育館の壁をぶち破って搬入し、社会人バスケットのTOPチームの試合を開催したこと。現総合体育館を建てるにあたり大変な尽力をされたこと。竣工した小千谷総合体育館にNBAのOBチームを承知し、リアルなNBA観戦を実現させたことなど、現役メンバーが幼かった頃の小千谷のビックイベントのご苦労などをお聞きすることが出来ました。
 何事にも屈せずやり抜く覚悟を持たせてくれたのが「想い(おもい)」であり、中澤先輩は当時の子供たちに夢を描かせるためにこの事業を完遂したとおっしゃっていました。
 また2006年に小千谷総合体育館で行われた、新潟県全域の青年会議所会員が集まる「会員大会」の模様を映像で振り返りながら、当時どんな想いでどのような行動をとりこの大会を迎えたかなどお話をいただきました。
 その中で強調されていたのが、出逢い・協力・共存 の3つのテーマでした。
 そして、我々小千谷青年会議所は、小千谷地域のために尽くす団体であると。TOPに立つ人間は、一番下に位置するメンバーをどれだけ気遣えるかが重要であり、一つの目的を全員で共有し一丸となって達成に向け邁進して欲しいと、現役メンバーに熱く檄を飛ばして頂きました。
③ ④
 中澤先輩、ご多忙の中我々現役メンバーのためにお時間を割いていただき貴重なご講演をいただき本当に有難うございました。