/小千谷病院跡地活用に伴う事業報告

小千谷病院跡地活用に伴う事業報告

全てはこの地域の人と社会の明日のために just do it
引き出せ市民のチカラ。新たなまちづくりをここから始めよう!
?自分たちの住むまちだから自分たちの声を市政に届けよう?

平成28年12月27日火曜日、小千谷市大塚市長のもとを訪ね、小千谷病院跡地活用についての提言書を提出させていただきました。
1

 

 

 

 

まちとは、利用し生活する人がいて存在します。同様に、利用し生活する人がいるからこそまちとして存在します。
私たち市民にとって今まで以上に愛着の持てる、住む価値ある小千谷であるためには、一部の人に頼り創られるまちから、多様な立場の人たちがつながり創られていくまちを実現させていく必要がある。
そのために小千谷病院跡地を活用していく必要があるという考えをまとめた提言書となっております。
構想から始まり、本提言書を提出させていただくまでの期間、市内外から県外まで28の団体、組織、500名を越える方々にご協力をいただきました。
この場をお借りして心より感謝申し上げます。
小千谷青年会議所の小千谷病院跡地活用についての活動は今後も続きますが、どうぞご理解とご協力の程、宜しくお願いいたします。

提言書(PDF)