/4月講師例会 【踏み出そう最初の一歩を~故郷の味になるまで】を開催しました

4月講師例会 【踏み出そう最初の一歩を~故郷の味になるまで】を開催しました

踏み出そう最初の一歩を~故郷の味になるまで~
と題しました 4月講師例会を開催いたしました。

講師には小千谷さつまいもスウィーツでも有名な農園ビギンの専務取締役 新谷梨恵子さんです。

大人になった今、固定概念にとらわれ「あれはできない」「現実的に無理」などと、やらない理由を考えて行動に移せていないのではと考えます。
大きな目標に向かい行動していくには、受動的では何も変わって行かないかもしれません。まずは自ら踏み出す一歩の大切さ、
そして能動的に活動することの大切さを学ぶ必要があると考え、本例会を開催いたしました。

講師は東京から小千谷に嫁ぎ、どのようにしてさつまいもプリンを作り上げ、有名にしてきたのだろうか?
講師の現在に至るまでの過程には、きっと私たちも見習わなければならない所があるのではないかと考えました。

講演では、

  1. 踏み出した小さな一歩でも大きな勇気
    小さな一歩でもその一歩の積み重ねが経験になり、自信になる!
  2. 頑張り続ければ いつか、躓いた石にさえも感謝できる日が来る
    何事も目標に向かい頑張り続けていれば、その時は辛い思いも沢山ある。しかしその経験が今の自分を作っている!
  3. 夢は叶える事が大切ではなく、持ち続けること、伝え続けることが大切
    夢を持ち続け、その夢を多くの人に伝えていくことが大切!

青年会議所活動がこれからスタートをきっていく上でとても刺激になる講演でした。

4月例会担当 まちの笑顔創造委員会